商品情報にスキップ
1 5

龍音堂SHOP

携帯電子型積層式結界発生器-響纏-

携帯電子型積層式結界発生器-響纏-

通常価格 13,200 円
通常価格 セール価格 13,200 円
セール 売り切れ
税込み。

携帯電子型積層式結界発生器-響纏-とは?


響纏(ひびきまとい)とは、シューマン波発振器と様々な図形や角度といった要素を組み合わせることによって作り上げた製品となります。

シューマン波とは、地球の脳波などともいわれている、地球が古来から発生させてきた低周波であり、電磁場の悪影響から逃れる、音響機器の音質を挙げる、リラックス状態をもたらす、生体エネルギーを調和させるなどといわれており、様々な形で製品化されているものです。

そんなシューマン波発振器をコアとして、想念を蓄積しやすい木材で外装を構築し、ネガティブな電磁波を調整する角度や、生命力を活性化させる角度を配置し、さらにエネルギーを増幅させる図形を配置することで、身につける人を守る結界を構築することを目的としたエネルギーフィールドを発生させるようになっています。

基本的な原理は「電子型積層式結界発生器-和響-」と同じですが、和響が設置型で広範囲にエネルギーフィールドを発生させるのにたいして、響纏はバッテリー式で常に持ち運んで、持ち主の周辺にエネルギーフィールドを構築することをメインに設計しています。

回路自体も小型ということもあり、出力が低いために図形や想念などでエネルギーを増幅しても、周囲2m程度までしか影響を与えませんが一人分の結界として活用するには充分なものとなっています。>

スイッチを入れて持ち歩くだけで、ネガティブなエネルギーから身を守り自分自身のエネルギーを調和させてくれるようになっています。

このエネルギーフィールドは、安定と安心、そして生体エネルギーのバランスをとってくれますので、ネガティブなエネルギーから身を守るのはもちろん、瞑想や占いなどを行う時に自分自身のコンディションを整えるためにも活用できます。


身固と組み合わせる


響纏の出力を強化するために、定番製品である「汎用型積層護符-身固-」と組み合わせることができるようにデザインしてあります。

身固を、響纏の上部に設置することでネガティブなエネルギーから身を守るための、フィールドを拡張することができます。

だいたい、8~10畳ぐらいまでなら包めるので、出先でなにかあったときなどに身固と響纏を食い合わせると、より強固でパワフルな結界を構築することが可能になります

 

また、身固自体の性質も増幅してくれますので、それぞれの要石にあった性質をより引き出したい時なども、響纏と組み合わせるといいでしょう

付属の充電ケーブルで充電可能であり、バッテリーも比較的長持ちするので、毎日気軽に持ち歩いて、いざという時には身固と組み合わせるなどすることをオススメします。

 


サイズ:54×70×11(mm) ※付属品を除く
重さ:42.3g 
材質:シューマン波発振器、木材、銅、レジン
付属品:充電用Micro USBケーブル、取扱説明書

※ご注意※
・本製品は微細なエネルギー領域に働きかけるものです、物理的な効果を保証するものではありません
・いかなる宗教団体、思想団体とも関係がありません

 

【携帯電子型積層式結界発生器-響纏-の原理とエネルギー】

この製品は、炭や銅といった金属を使って、いわゆる「気」を動かすための古来からの技法と、ウィルヘルム・ライヒが提唱した「オルゴン理論」、そして、低周波であるシューマン波を組み合わせて作っています。

一般的に販売されているオルゴナイトなどは、ライヒ自身が提唱していたネガティブなエネルギーにさらされると、逆にオルゴンが変質しネガティブなエネルギーを発するという「DOR(デッドリーオルゴン)」の理論をほぼ無視しているために、場合によっては危険なのですが、牙鎧はエネルギーの方向性を常に良い方向にするために、古来から神殿や聖地などで使われていた「角度」、そして「図形」の力を利用していますので、一度、エネルギーをセットしてしまえば、危険なエネルギーに変質することなく、常に安定して身を守るためのエネルギーを放出するようになっているのです。

詳細を表示する